WEB制作

ホームページ制作の流れ(お問い合わせから公開まで)期間の目安や制作に必要な写真素材など準備するもの


こちらの記事ではホームページ制作の流れをご紹介いたします。

①お客様からのお問い合わせ
弊社のホームページにある「問い合わせ」ボタンよりお客様の会社名や名前などを記入いただきます。
弊社へ自動でメール送信されますので、後日お客様のご連絡先へご連絡をいたします。

②お打ち合わせ&ヒアリング
お客様のご希望日に合わせてお打ち合わせの日程調整をさせていただきます。
お住まいや事務所が弊社の近くである場合には直接お伺いをさせていただいておりますが、遠方となる場合やお客様がお忙しくされております場合にはオンラインにてWEB会議をさせていただいております。WEB会議でなくてもお電話でのヒアリングも可能でございます。
※WEB会議(ZOOMまたはGoogle meetなど)
ヒアリングではお客様がホームページに掲載したいサービス内容などを確認させていただきます。
例えばリフォーム会社様の場合、どのようなコンセプトであるのか(早い・安い・安心)などです。
ホームページのドメインのご提案やリフォームの商品となるキッチン、洗面化粧台などのリフォーム価格お問い合わせをされるお客様のターゲット層やホームページで扱うサイトのカラーなど様々なことをヒアリングさせていただきます。

③お見積りのご案内&ご提案
お客様にヒアリングをさせていただいた後に、お見積りをとらせていただいております。
ご案内いたしますお見積りの費用はお客様のご希望に沿う価格帯を概算で3点ほど大・中・小にて幅を持たせていただき、再度のお打ち合わせにて内容をご説明させていただいております。
それぞれの良い点がありますのでお客様に選んでいただきます。
※お見積りのご案内はヒアリングから1週間以内を目途にご案内いたします。

④制作のご依頼(契約)
弊社から提出した見積りと提案内容を元に検討いただきます。
お客様がよろしければご発注(契約)の連絡をいただき、ホームページ制作を開始させていただきます。
制作費用が高額となる場合もございます。その際には最大3分割で制作開始時、進捗半分、納品後にお支払いいただくこともございます。

⑤制作スケジュール作成&写真素材などのお預かり
制作の規模に合わせて制作スケジュールを作成いたします。
スケジュールには制作を進めるうえで必要となる、お客様が所有している写真素材をお預かりします。
順番は主に、以下項番の⑥~⑰となります。

⑥ワイヤーフレーム作成
お客様にヒアリングさせていただきました内容を元にホームページの入り口であるトップページのデザインを行う前の骨組み(線が引かれた構造フレーム)を作成いたします。例えばトップページのFV(ファーストビュー)には動画が入る。または静止画が3枚スライドする、お知らせ(NEWS)欄ではカテゴリを設けるなどを構成していきます。
ワイヤーフレームが完成しましたらお客様にご説明し方向性に問題がなければ次の工程に入ります。

⑦デザインのご提案(TOPページ)
ヒアリングで確認を行った好みのデザインテイスト、メインカラー、サブカラー、素材を元にしてキャッチコピーまで仕上げていきます。デザイン量やボリュームはお客様のサービス(事業内容)やコンテンツ(ランディングページ、コーポレートサイト、リクルートサイト、ECサイト、ポータルサイト)などで異なってきます。

⑧デザインのご提案(下層ページ)
トップページのデザイン校了で下層の別ページデザインを制作していきます。
制作するコンテンツにもよりますが主に事業内容ページ、お知らせ(NEWS)ページ、会社概要ページ、事業の実績ページ、ブログページ、お問い合わせ入力ページ、プライバシーポリシーページ、などをデザインし、五月雨になりますがどんどんお客様に提出し確認いただきます。修正依頼が入れば都度の修正を行っていきます。この工程までにある程度の制作仕様が決まっていきます。

⑨コーディング(HTML)作業の開始
デザイン仕様が全て決まり、以降の工程でほぼ修正が出ない様子であればコーディングという見た目のデザインをWEBで表現ができる方法で制作を開始していきます。

⑩コーディング(TOPページ)提出
これまでお客様に見ていただいた制作物には動きを感じるものがなかったことから、コーディングのTOPページ提出ではWEBサイトとしてパソコンやスマートフォンのブランドからアクセスができるためFV(ファーストビュー)では動画やスライド、カテゴリやメニューをクリックまたはタップすることで動きがでるようになります。この時点でもキャッチコピーや文章に修正が必要な際には都度の修正を行います。

⑪コーディング(下層ページ)提出
事業内容ページ、お知らせ(NEWS)ページ、会社概要ページ、事業の実績ページ、ブログページ、お問い合わせ入力ページ、プライバシーポリシーページ、などを五月雨にはなりますが次々と仕上げます。この段階でTOPページから各ページへの移動が行えるようになりますので、納品後に利用するユーザーがどのように目的のページに辿り着くのかをイメージしていきます。

⑫システム開発の開始
開発方法はテンプレートとオリジナルで開発方法が異なります。
テンプレートでは主にWordpressというものが主流でECサイトではメイクショップ、ショピファイもまたテンプレートとして利用されています。利用者の多くは開発費を抑えるためにテンプレート開発を導入します。オリジナル開発でのメリットは発注者の要望(仕様)に概ね応えることができます。例えば様々な更新機能を追加したり、ECサイトであれば複雑なカテゴリを増やすことや項目の追加、シミュレーション機能を追加することなど、構成がシッカリできればある程度のことはできますので、じゃらん・楽天トラベルなどのようにポータルサイトの開発にとても向いてます。 

⑬テスト実施(微調整&更新機能の操作)
⑭お客様へ提出(デザインなど全体の操作実施の依頼)
⑮微調整(簡単な修正)
⑯サイトの公開作業
⑰納品
⑱ご請求
⑲運用開始
⑳制作費のお振込み

お問い合わせ先
https://ntrans.jp/contact/

制作に関する無料相談・無料見積はこちら
制作に関する無料相談・無料見積はこちら


料金例
・コンサルティング 2時間(初回無料)
・バナー制作 3,000円~
・Wordpress改修 3,000円~
・Wordpress構築 5,000円~
・格安WEBサイト制作 月々3,000円のみ~
・LP(ランディングページ)10万円~
・ホームページ(企業サイト)10万円~
・ECサイト(オンラインショップ)10万円~
・リクルートサイト(採用サイト)10万円~
・ポータルサイト(格安にてご相談)
(例|じゃらん、楽天トラベル、ホットペッパー、食べログなど)

沖縄だけでなく全国対応しております。
お伺い、またはオンラインでWEB会議が可能です。

お気軽にお申し込みくださいませ。

上記のメールフォームからお問い合わせいただけます。

関連記事

TOP